So-net無料ブログ作成
検索選択

<東大寺>5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家(毎日新聞)

 奈良市の東大寺で20日、日本画家の小泉淳作さん(85)=神奈川鎌倉市=が約5年かけて描いた本坊のふすま絵を奉納した。奉納式は大仏殿であり、本尊の盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)(大仏)の前で、桜を描いた色鮮やかな作品(縦197センチ、横384センチ)が披露された。

 同寺の故清水公照・元別当と親交があったことから、06年に聖武天皇と光明皇后の肖像画を奉納。その直後からふすま絵のなかった本坊への奉納作品に取り組み、鳳凰(ほうおう)やハスの花、吉野の桜など、寺や華厳経にゆかりのあるモチーフを40面に描いた。

 絵はふすまにされ、9月以降に全国の高島屋(東京横浜、京都、大阪の各店)で巡回展示後、来春以降に寺に納められる。【花澤茂人】

【関連ニュース
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査
東大寺:法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ
東大寺:春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り
<ニュースがわかる>よみがえる奈良の都
<写真特集>日本の世界遺産

衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)
<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き−中国青海省地震で(時事通信)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。