So-net無料ブログ作成

嘉手納統合案、官房長官「ゼロベースで検討」(読売新聞)

 平野官房長官は9日、沖縄県の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題で、県内の関連施設を視察した。

 平野長官は、自ら委員長を務める「沖縄基地問題検討委員会」で移設先の選定を進めており、同飛行場のほか、2006年の日米合意による現行計画の移設先であるキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)や、同飛行場との統合案もある米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)を訪れた。

 平野長官は北谷町役場で、嘉手納基地周辺3市町の首長と会談。首長らが嘉手納統合案に反対する考えを示したのに対し、「ゼロベースで検討する」と強調した。

 同飛行場では、米軍関係者に「基地問題の検討委員会を作った。お互い立場は違うが、協力してもらいたい」と要請。米兵による事件・事故をなくすよう綱紀粛正を求めた。

 平野長官は視察に先立ち、沖縄県の仲井真弘多知事と県庁内で会談し、同飛行場の移設問題について、5月までに結論を出す方針を直接伝え、地元と密接に意思疎通を図る考えを示した。

日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
敦賀原発、監視装置の電源入れ忘れ1年半(読売新聞)
「すき家」強盗容疑で中2男子を逮捕(産経新聞)
熾烈なバトルを展開中 「ダンマリ」小沢VSマスコミ (J-CASTニュース)
<エスカレーター事故>中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。